しめ縄

DSC_2411
コンパス生駒店の村上です。
十津川村へ行きましたがその時立ち寄った温泉施設でしめ縄づくりをされていました。
玉置神社奉納のしめ縄づくりとのこと。玉置神社本殿や神代杉、夫婦杉、磐余杉等、御神木のしめ縄で昔ながらの手作業でされています。
しめ縄は神の領域と現世を分け隔てる結界として、不純なものが入るのを防ぐ役目があります。
しめ縄があるということはその中に神様がいるという事を示し、一般家庭で飾るのは新年の神様の歳神様をお迎えするため入ってきてもらう玄関に飾ります。
ワラの束からくずを取り除き木づちでたたき、柔らかくし、束ねたワラを編み、15m程もなるそうです。
協力がないと締め上げれないのがよくわかります。ありがとうございました。
お問い合わせはこちら
関連のカテゴリ