HOMEスタッフブログコンパス寝屋川店 > 「仏手柑」と書いて何と読む?

「仏手柑」と書いて何と読む?

初めて見る木

いつもありがとうございます 

ガーデンパレットはクリスマスモードなので、コンパス寝屋川店も飾り付けしないと焦ってる岡田です

それはさておき、最近めずらしい木を見ました

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

むむむ・・・。

めずらしい木
みなさん、見たことありますか?
 私は初めて見ました

近くにいた、ガイドさんが「仏手柑よ!!仏手柑よ!!!」と言ってたので、調べることなく、名前もわかりました

柑とつくだけあって、どうやら柑橘類らしいです

名前の由来は「合掌した手に似ていることから仏の手と称されている」そうです。
ブッシュカン
開いて、タコの様になってるものもありましたが、実は縁起物で家に植えると「代々(橙)家が栄える」と言われているありがたい木なんです

確かに幹や、葉っぱは柑橘系。

残念ながら、食用としては、すっぱい様で、砂糖などで煮詰めないと食べられないらしいです。

さて、気になる、読み方ですが・・・
正解は、「ブッシュカン」

そのままやんとつっこまれそうですが、名前だけ聞くと南国の木の様ですが、漢字で書くと、なるほどミカンの仲間ということが分かったでしょ

このめずらしいブッシュカンは、宇治の平等院で見ることができます


さてさて、そろそろ、コンパス生駒店 店長さんのブログが読みたいなあ・・・植谷店長!!よろしく
お問い合わせはこちら
関連のカテゴリ