HOME施工事例集お庭 > お庭にこんなテラスあったら良いな!|生駒市

お庭にこんなテラスあったら良いな!|生駒市

木調テラス屋根、ナチュレをタイルテラスいっぱいまで広げ、日除けを付け
デザイン性と実用性の両面でご満足頂けるように色々工夫をしました。

2世帯だったのでご両親が出入りされる窓の前は木樹脂のウッドデッキを縁側風に作り、
施主様ご夫婦が出入りされる窓の前にはなるべく広くタイルテラスを作りました。

ご両親側の窓の上は2階のバルコニーが飛び出しており、屋根代わりになっていたのですが、
広いタイルテラスの上にも屋根があると便利なのでナチュレの奥行も3m取り、幅は4.6m程ある大きな屋根にしバルコニー下に差し込みました。

ウッドデッキの前に洗濯物が干せる広場がほしいというご希望もあり、ナチュレの柱はタイルテラスいっぱいに寄せて、
お庭に1本だけ植わっていた記念樹のヤマボウシも移植し、レンガで囲いました。

ご両親がお花を植えたりする花壇スペースを少し残し、やんちゃな姉妹の為に砂場を作りました。
写真奥の角に扇形の砂場には早速、遊んでくれた跡があり、嬉しくて思わず「ヨシ!」と心の声。
通路部分は防草シートを敷き、信楽の砂利を敷きました。
タイルテラスにはどこからでも上がれて危なくないように、角を斜めにし使い易くしました。
お庭に1つも明かりが無かったのでご夫婦と相談し、花壇にポールライトを1本追加しました。

すっかり綺麗になったお庭を雑草に追われる事なく、暑さや雨をしのぎ、楽しんで使って頂ける春、夏、秋が楽しみです。
before
IMG_0877-2
物置と雑草と記念樹と物干し台がありました。

庭・・・あまり使われてないんだなぁ。という印象でした。

これからはどんどん楽しんでご家族で使って頂けるようにがんばろう!!と思い色々相談しました。
→
after
IMG_0877
タイルテラスとウッドデッキを一続きにつする為に監督仲東が一工夫してくれました。
テラス全体は前向きに勾配を付け、デッキと接する部分だけ水平にタイル貼りしてくれました。

既存物置の位置は変わっていませんが、実は4人(仲東、監督中西、営業植谷、職人三田)で移動し、防草シートと砂利敷き完了後にもう一度4人で動かして戻しています。
短時間ですが、人手が無いとできません。

元々あった大和塀のフェンス下には隙間があり、木製の板が貼ってありました。
きっとお庭が綺麗になればそこだけ目立つんだろうなぁ。と思い、アルミ製の板に交換しました。
before
IMG_0830-2
ご新築後育たなかったプリペットの生垣はスカスカでお庭も丸見えでした。
ご近所の方の犬の散歩道だったようで、よく人が通ります。

共働きされていたのでお庭はほとんど手付かずでした。

それぞれのお宅で暮らし方は違うので、どんな風に使いたいか、どんなデザインが良いいか、相談や提案をし沢山話し合いしました。
→
after
IMG_08301
スカスカの生垣に変わり、スカッとした化粧ブロックと木調のアルミフェンスで格好良く目隠しし、プライベート空間を作りました。

南向きのお庭なので、夏はリビングが暑そうでした。
せっかく大型のテラス屋根を付けるなら是非日除けを付けて下さい。と勧めました。
これで夏もテラスにプールを出して、お嬢さん2人が楽しく水遊びができるようになりました。
IMG_0841
テラス屋根の柱は片側がタイルテラスの階段部分に立ち、
もう片方は奥の広場部分に立っています。
これも実は先にテラス屋根を組立し、後からブロックを積んで段を作っています。

通常なら正方形や長方形のタイルテラスが多いですが、
今回は三方共階段があり、
鋭角な角が出来ないように斜めに角を落としたタイルテラスにしたので、
とても位置出しが難しかったです。

テラスを斜めに隅切りするギリギリの位置まで寄せて柱を立てました。
柱の位置寸法の指示を間違えると、ブロックを積むところに柱がきたり、階段の鼻先に柱がきたりするので、慎重に職人さんと打合せし位置決めしました。
IMG_0859
ご両親がお花を植える花壇に1つ照明を付け、
夕方になるとぼんやりお庭が明るくなるように
消灯タイマ付EEスイッチも付けました。そこから配管し電気の線だけ砂場に送りました。
記念樹を移植した丸い花壇にも配管し配線を送っています。
将来、砂場もひょっとすると花壇や樹木を植えるスペースに変わるかもしれません。スポットライトやポールライトなどお庭に照明が欲しい時に困らないように気を配りしました。

職人さんの配慮でテラスの屋根の柱にも配管してくれています。
夏の晩にテラスを使う事があれば照明が必要になるかもしれないので先の事を考えてくれました。
before
IMG_0903-2
西側の通路は本当はバイクや自転車を止めるスペースにしたかったそうですが、
扉が狭くて通れません。

土のままの通路と段差の解消も併せて考えないといけません。
→
after
IMG_0903
門扉は間口を広げ90㎝の開口幅があるものにしました。
給湯器があるので外開きにしましたが、把手はプッシュプル錠にし、押す・引くで簡単に開け閉めできるものにしました。

段差があったところはスロープにし、バイクや自転車が置けるようになりました。
IMG_0901
門扉の交換をし、捨てるはずだった扉部分ですが、
ご主人様と相談し、転落防止柵代わりに使う事にしました。

今は大人の自転車などがあり、転落する事はないですが、
いずれ自転車は西側に収納し、
ここはお子様の三輪車やストライダー、変身バイクや自転車、スケーターなど
お子様の使うものが溢れるだろう。
と考えてこの東側の物置スペースに、西側の通路部分に付いていた門扉を移設し、
開かないように固定しました。
before
奥行が狭く庭側には階段2段分以上の段差がありました。
狭くて危なかった勝手口ステップ。
奥行が狭く庭側には階段2段分以上の段差がありました。
生垣を一掃し、化粧ブロックを積んでフェンスを付け、通路も広げよう。という計画です。
→
after
ちょっとした事でとても使い易くなります。
勝手口のステップを拡張し、庭向きの階段を作り動線を作りました。
ちょっとした事でとても使い易くなります。

見えないところも一工夫は必要です。
お問い合わせはこちら
関連のカテゴリ